忍者ブログ
プロ野球オーナーズリーグをフィーリングで分析するブログ。
プロフィール
Name:ハネサウザン
Birth:1988.8.10
Job:大学生


【オーナーズリーグ 所有球団】
SOS団(西武純正)
フレンド申請&オープン戦待ってます!
Twitter
最新コメント
[11/28 通りすがり]
[09/04 おーなー]
[09/03 オーナー]
[07/29 NONAME]
[07/15 ゆうしろう]
アクセスキーワード
人気ブログランキングへ
アクセス解析・NSM
ブログパーツ
[500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のブラウン博士に心酔して「次元転移装置」の開発を考えているなら、やめておいた方が良さそうだ。最新の研究によると、実験室で生成した極小サイズの“ビッグバン”を分析した結果、タイムトラベル(時間旅行)がまったく不可能であることが示されたという。

 夢を砕いたのは、アメリカ、メリーランド大学のイゴール・スモリアニノフ氏とハン・ユージュ(洪玉珠)氏。光の曲がり方が通常とは異なる先進素材を使って宇宙誕生をシミュレーションした。

 実験の結果、「前進する“時間の矢”を後ろ向きに曲げ、既成事実を元に戻す」という現象は実現不可能と示された。

 スモリアニノフ氏は、「タイムトラベルは現実世界で一度も成功していない。今回の新素材により、それが永遠に不可能だと判明した」と語る。

 新しいビッグバン・シミュレーション装置は非常に小さく、幅はわずか20マイクロメートル(0.02ミリメートル)しかない。装置を構成する新素材は、金とプラスチックの薄片を交互に組み合わせた人工物質で、いわゆる「メタマテリアル」の一種である。メタマテリアルで光を操れば、“透明マント”の研究や、ブラックホールに閉じこめられた光の再現などさまざまな実験に利用できる。

 スモリアニノフ氏は、「研究で用いたメタマテリアルは、約137億年前のビッグバン時代の原始宇宙をモデル化するにあたって、十分妥当な素材だ」と説明する。

 メタマテリアルで作られたシミュレーション装置は、独特の光の曲げ方により、理論上の時空間モデル「ミンコフスキー空間」に近づき、3次元の空間に時間の次元を組み合わせた4次元宇宙のモデルとして機能する。メタマテリアルの平面での水平運動はおおむね空間の3次元に相当し、垂直運動は時間経過に応じた動きを示す。

 スモリアニノフ氏とハン氏は、緑色レーザービームを使い、メタマテリアル内でビッグバンに似た現象を発生させる実験を行った。レーザー光が金原子に当たると、自由電子の振動によって擬似的な粒子「プラズモン」が生成される。

 プラズモンはレーザーがぶつかった点から放射状に外へ広がっていった。これは、「ビッグバン後、ある一点から物質粒子が放射状に広がった」という宇宙科学の想定に適合する。

 観察を続けていくと、放射状に広がるプラズモンが外側に移動するにつれて、経路が“ブレて”いくことがわかった。この現象は、「介入がなければ、システムは時間の経過とともに無秩序になる」という「熱力学第二法則」、いわゆる「エントロピー増大の法則」に合致する。

 このシミュレーションモデルにおいてタイムトラベルは、「プラズモンが以前に移動した経路とまったく同一の経路に沿って移動し、“輪”を完成させる」現象として表現される。ところが、エントロピーの影響などにより、プラズモンが経路を一度外れると、輪を描くことはもはや不可能だった。

 結果として、「宇宙に存在する粒子も時間を逆行できない」という結論が導き出される。

 ただし、スモリアニノフ氏は、今回の研究が完璧には程遠いと認めている。「現実世界にどの程度当てはまるのか、現時点では判断できない」。

 ほかの研究者からも疑問の声が上がっている。カリフォルニア大学デービス校の宇宙学者アンドレアス・アルブレヒト氏は、「彼らのメタマテリアルは原始宇宙のモデルとして適切とは言えない」と述べる。「ミンコフスキー空間はあくまで理論であり、現実の宇宙を知るためには、ほかにすぐれたモデルや観測データが存在する」。

 アリゾナ州立大学の理論物理学者ローレンス・クラウス氏も同様に、「このビッグバンモデルは、現実の宇宙をあまりに単純化しすぎている」と指摘している。

 宇宙には未解明の謎が数多く存在しているため、タイムトラベルの夢が消えたわけではない。例えば物理法則は、宇宙での位置によって左右されるのかもしれない。もしエントロピーが減少するという物理法則に反する宇宙に存在したら、映画のストーリーも現実味を帯びてくる。

 カリフォルニア大学のアルブレヒト氏は次のように語っている。「エントロピーが常に増大するとは限らない世界も想定できる。“時間の矢”が後進すると考えると、過去や未来に対する概念も全く異なってくる。時間軸が一方通行という常識も通用しないだろう」。

 今回の研究成果は、物理学研究のWebサイト「arXiv.org」で2011年4月に公開されている。

 (以上、msnトピックスhttp://topics.jp.msn.com/life/environment/article.aspx?articleid=571585より引用。)


 始めに言っておきますが、途中から何言ってるのか分かりませんでした。

 というか、今回の実験が、タイムトラベルの実験というよりビッグバン形成の実験じゃないのと突っ込みを入れたくなりました。この記事を十分に理解できる人からしてみれば、「こいつ、文系のくせに国語力もないのか」と怒られてしまいますね。

 うーん、文系人間には理解しえない領域なんですね、タイムトラベルって。

 かくいう私も映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の大ファン。USJにあるライドに乗り、「本編が観たい」と思ったことがきっかけです。そして、作品にはまってしまい、劇中に登場する「次元転移装置」の開発を夢見た一人だったりします。小さい頃だったので、科学的な根拠があるわけでもなく、ただ、絵を描いたり想像していただけでした。

 「車が時速140キロになったら、次元転移装置が・・・」と本編の設定の域を出ず。それだけなら、自分の胸の中にしまっておくことができますが、なんと、その絵を家族に見られてしまい、「空想少年」のレッテルを貼られました。その時の恥ずかしい記憶を今でも忘れられなくて・・・。


 まぁ、私の黒歴史をさらけ出すのはここまでにして、ここからが本題。


 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』では、マーティ達が2015年にタイムトラベル(スリップじゃなかったかな?)しています。

 そうです、約4年後なんです。

 公開されたのが、1989年。その頃に考えられていた未来と現在を比較すると「こうも違うのか!?」と思ってしまいます。

 たとえば、いまだに「車は空を走っていない」ということ。しかも、「ミスターフュージョン」も存在していないではないか!!!ゲームも手を使わないといけないし、ピザも電子レンジに入れても大きさは変わらない。天気予報だって、いまだに100パーセント当たるわけではない。ジョーズ19なんてないし。

 あと4年。このまま映画で語られていた世界になろうとするのか、それとも、情報技術など進歩するところはするが、「車は地面を走る」といったところは変わらない世界になるのか。

 どのように世界が変わっていくのか、とても楽しみです。 

 現実には、「空飛ぶ車 FLYING CAR」はあります。

 ただ、世に広く出回っていないので今回は「車は空を走っていない」とさせていただきました。

 もしかすると、4年後には実現しているのかもしれませんねw。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
Yahoo! オークション
Google

(C)2017 ハネの千技入魂ブログAll rights Reserved
忍者ブログ/[PR]