忍者ブログ
プロ野球オーナーズリーグをフィーリングで分析するブログ。
プロフィール
Name:ハネサウザン
Birth:1988.8.10
Job:大学生


【オーナーズリーグ 所有球団】
SOS団(西武純正)
フレンド申請&オープン戦待ってます!
Twitter
最新コメント
[11/28 通りすがり]
[09/04 おーなー]
[09/03 オーナー]
[07/29 NONAME]
[07/15 ゆうしろう]
アクセスキーワード
人気ブログランキングへ
アクセス解析・NSM
ブログパーツ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナナシアさん、非常に貴重なご意見のおかげで、ただの日記が「吉野家牛丼論」に進化することができました!

去る4月13日に、吉野家が新しい牛丼を発売すると発表がありました。

「牛丼 特大盛が価格 730 円。ご飯が大盛、お肉が大盛の2倍で、食べ応えのあるボリュームです。」(吉野家オフィシャルサイトより)

ナナシアさんのご指摘にもありましたが、いかに量を稼ぐかも重要です。いかに安く、いかに量の上で満足できるかは、今の世の中では特に大切なことです。

量を増やして販売するのは確かに理にかなっています。

なぜなら、量を増やしているだけなので、新メニュー考案の際に生じるコストは発生しません(おそらく)。あったとしても、特大盛用のどんぶりを作るコストです。どんぶりは一度作っておけば、欠けたり割れたりしない限り何度も使えます。期間限定がもしかしたら定番メニューになることも考えられますし。また、工場のラインも新しく作る必要がなく、ラインで作る量を増やすだけで可能です。(ただし、ラインで働く人々の人件費は高くなります。もしかしたら、ここで労働問題が生じてるのかもしれないのですが・・・ないと信じたいです。)

ただ、吉野家に限っていえば、すでに「特盛(牛肉は並の2倍、ご飯は大盛)」というメニューがあります。今回の「特大盛」は、「量を増やせば売れる」という流れでできたメニューであることがわかります。


「特盛のさらに上ができた!」というインパクトがまったくないとはいえません。おそらく、始めのころはあるといえるでしょう。私はほんとに始めのほうだけだと思っています。

なぜなら、新たに作るメニューではなくて、量を増やしたメニューばかり出していると、いずれ消費者は飽きてしまいます。特大盛が定番になれば、今度は「特大大盛」になるんでしょうか?これだと、消費者は「またそれか・・・」と飽きてしまいます。

消費者を飽きさせない新メニュー作りができないと、吉牛ブランドが牛丼市場で勝ち残っていくことはできないでしょう。

現に、「吉野家ホールディングスが14日発表した2010年2月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が8億円の赤字(前期は35億円の黒字)、税引き後利益は89億円の赤字(同2億円の黒字)だった。赤字転落は、BSE(牛海綿状脳症)問題で牛丼の販売を休止していた06年2月期以来、4年ぶり。赤字幅は、1990年の上場以来、過去最大だ。主力の牛丼店「吉野家」は、既存店売上高が前期比8・4%減で減収減益だった。(読売新聞2010年4月15日 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100415-OYT8T00373.htm)」と報じられている。

この中には、ステーキのどんの営業損益も含まれている。だから、一概に「吉野家が危ない!」ということを示していない。それより注目したいのは、8.4パーセントも「吉野家」での売り上げが減っているという点だ。

この数字が、さらに悪化すれば、消費者の吉野家離れとも取れてしまう。
 

消費者の心をつかみ続けるためには、インパクトのある新商品作りが鍵であると思います。


がんばれ!吉牛!!
PR

 吉野屋が1週間の期間限定で牛丼を値下げするキャンペーンを7日から開催中だ。牛丼並盛が通常価格より110円安い270円で販売されている。しかし先月末に吉野屋がこのキャンペーンを発表すると、その後、すき家と松屋もすぐさま牛丼並盛を250円に引き下げるキャンペーンを発表、牛丼業界で値下げ競争が激化している。(MONEYzine「牛丼270円で利益は出るのか 苦戦続く吉野屋の1杯あたりの儲けとは」より抜粋http://moneyzine.jp/article/detail/184340

このサイトによると、原料コストが156円、雇用によるコスト200円弱かかっているらしい。であるから、通常期の牛丼並盛1杯380円のときの利益は、1杯当たり24円ほどである。ということは、牛丼並盛を270円にすると、86円ほど赤字になる。

おそらく、昨今の不況の影響で、他の牛丼チェーンに客を取られているから、すこしでも呼び戻したいのであろう。

だが、結果的に他の牛丼チェーンも値下げを実施し、吉野家よりも20円安く販売すると発表している。

まさに現状は、「デフレーション」でしょう。

このまま、値下げ競争が激化すると業界全体の地盤沈下をもたらしかねない。(まぁ、これ以上価格が下がり続けるとは思わないが)


価格を下げるよりも、逆に「価格を上げる」ほうがいいと私は思う。


たとえば、「肉は松坂牛を、米はゆめぴりかを使った高級牛丼」を販売してみてはどうだろう。おそらく、材料費は現在よりも高くなるだろうが、値下げよりも話題になるのではないだろうか。

その先例として、マクドナルド(以下マック)がある。本来、ハンバーガーが食べたいのであれば、100円ほどで食べることができる。でも、中にはクォーターパウンダーを注文する人もいる。クォーターパウンダーは、マックのハンバーガーの中でもっとも高級品である。それまでのマックのイメージは、「安い!」であった。そんなマックから「高級品」が発売されるということで、話題になった。そして実際、この商品は大ヒットしたと報道されていた気がする。


だから、安いイメージのある牛丼チェーンから、高級牛丼を販売すると話題になる可能性があると考える。


まぁ、補足して言うが、吉野家は他の牛丼チェーンとは違い、アメリカ産を使っているため、生産コストが高くなる。考え方によっては、「アメリカ産を使うのは付加価値の一部」とも取れる。私は、その考え方に賛同できる。その上で、もっと別の「付加価値」をつけていくべきだと思う。そのたとえが、「松坂牛の牛丼」である。


繰り返し強調するが、これからは、いかに付加価値をつけた商品を販売できるかが勝負であると考える。

吉野家に限らず、牛丼チェーンから驚愕するような「超高級牛丼」の発売に期待したい。


実現する可能性は、低いけど(苦笑
ブログ内検索
Yahoo! オークション
Google

(C)2019 ハネの千技入魂ブログAll rights Reserved
忍者ブログ/[PR]